ぷれこ屋

石川県金沢市の熱帯魚ブリーダー・プレコ屋

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

今月採仔した稚魚の様子

稚魚
今月生き残った稚魚たち(一部)です。
この他にゴールデンキングロイヤルプレコ、インペリアルゼブラプレコ、ニューインペリアルダップルドプレコが再び産卵しています。
水質が安定しないため今回は人工孵化をさせないことにしました。
喪失した分を含めれば150匹ほど採仔できそうでしたがこの様子だと今月はこの後順調にいっても70匹くらいで終わりそうです。
結局いつもどおりの数字です・・・
今月は攻めのブリーディングということで親にかなり負荷をかけたので水質の不安定さと相まっていつも以上にボロボロです(><)
来月はまったり回復させないと今後が厳しそうです。

そういえば近く金沢にも台風の影響がくるかもしれない、と聞きましたのでこの時の気圧変化も利用してみたいと思います。

オトシンもプレコも要領は同じでやはり気圧変化や多めの水換えによるショックは繁殖スイッチに一役買ってくれますが確実に親の負担になりますので当方ではトリートメントタンクを常備して体調を崩した個体はこちらへすぐに移して回復させるようにしています。
・・・今月はダブルパンチが効いてプレコ、オトシンとも入院患者がとても多くなってしまいました。

ハードなブリードはやっと手に入れた親個体でも容赦なくボロボロにし、最悪は死亡しますので本来はゆったり飼育しているうちに殖える、というのが理想です(_ _;)
当方ではなかなか「飼育しているだけで殖える」という状況に至らないのが非常に残念です。


「飼育していると太る」というのはよくあるんですが(^^;)



にほんブログ村 観賞魚ブログ プレコへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

にほんブログ村 観賞魚ブログ プレコへ
にほんブログ村

| プレコ | 00:18 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Re: タイトルなし

ほとんどは水換えによるpHや水質変化で産卵に至りますが水温を下げることでスイッチが入る種類もいます。
毎回同じ方法でスイッチが入るわけではないのでいろいろ試しています。

| ぷれこ屋 | 2012/06/19 19:10 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://plecoya.blog.fc2.com/tb.php/76-2d739afe

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT