ぷれこ屋

石川県金沢市の熱帯魚ブリーダー・プレコ屋

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ プレコへ
にほんブログ村

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

プレコ稚魚の育成とその水槽

寒くなったり暖かくなったりなんだか天気が安定せずついに風邪をひいてしまいましたがプレコ達には愛情もって接しております(^ー^)

日中は不在なのでお問い合わせやご注文いただいた方にお返事を夜遅くに返す形になってしまったりしておりご迷惑をおかけしております。
申し訳ありません、必ずこちらからメールお返ししますのでご容赦ください。

さて、そんな今日も世話をしているときにちょうど育成水槽から流木など全部取り出す機会があったので撮影してみました。

SBSH1058.jpg

撮影してみるとプレコが保護色で砂利に同化してあまり見えませんね(・・;)
自然界でもインペたちのあのド派手なシマ模様はこのように役立っているのだと思います。

SBSH1059.jpg

写真右側アップです。
この中から大きく綺麗になったものを選んで販売しています。
1cm弱の小さな個体から5cmオーバーの個体までここで生活しています。
種類もブッシーからインペまで様々。

産まれた子供たちはある程度人工餌に餌付くまでは育児ケースの中で育てていますがエサを食べれるようになったらこの水槽に放します。

この水槽はやや水温が高く、水換え、餌やりも回数が多いためみるみる大きくなります。
プレコ飼育で砂利を敷くと底に汚れがたまり病気になりやすくなるため底掃除は特に入念に行います。
ちなみにベアタンクだと色が飛びがちになってしまいますがこのように色々なカラーが入った砂利はキングロイヤルやインペなどの模様をクッキリ際立たせるのにも適していると思います。
また砂利の間にエサが挟まり小さなプレコもエサをしっかり食べられるようにしているつもりです。
ちなみに、一番小さいのがこのアルビノブッシー。

SBSH1057.jpg

砂利の間に器用に入っていってエサを食べています。
うっかり水換え時に吸い出してしまうことがあるのが難点ですが(^^;)

そしてこれは経験上(なので根拠なし)なのですが上の層に温和なテトラなどを入れておくと明るい状態でもエサを食べたり、物怖じしにくくなるような気がしますので当方ではインパイクティスケリーを同居させています。
また、餌食いの悪い稚魚は餌食いの良い稚魚と同棲させることで一緒に食べてくれるようにもなります。

プレコの稚魚って飼育難しそうだな、と思われている方もいらっしゃると思いますが飼育環境を柔軟に変化させることでさほど難しくなく飼育することができますよv(^^)


にほんブログ村 観賞魚ブログ プレコへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

にほんブログ村 観賞魚ブログ プレコへ
にほんブログ村

| プレコ | 20:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://plecoya.blog.fc2.com/tb.php/45-fc05da4a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。