ぷれこ屋

石川県金沢市の熱帯魚ブリーダー・プレコ屋

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ プレコへ
にほんブログ村

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

プレコのブリーディング

今日は当方でのブリーディングについてちょっと書こうと思います。
プレコをお買い上げいただいたお客様からも早く大きく成長させたい、いずれは繁殖させたい、という意見が
かなりありますので一例として繁殖が簡単な部類に入るアルビノブッシーで簡単な説明をさせていただこうかと思います。

まず水槽全景。

1_20120116182244.jpg

当方では採卵しやすさ、メンテのしやすさを重視し非常にシンプルに底砂なし、流木と産卵筒のみで行なっています。
水槽が180cmと横長のためセパレートしていますので両端はパンチ板になっています。(ちなみにこの水槽全体の水量は550リットルです。)
だいたいどのプレコも同じようなレイアウトになっています。

ちなみに中にはオス3匹、メス3匹を入れました。
ここからペアリングして産卵してもらいます。

2_20120116182243.jpg

写真左の筒にオスが陣取りメスを待っています。
コロコロ居場所を変えるようではまだ産卵は先ですが定着して陣取ればあとはメスが偵察にやってきて気に入れば産卵してくれます。
ちなみに先日は筒に張り付いている左端のメスが産卵しました。
ちょうどこの写真のとき偵察してこのオスを選んでいたんですね(^^)

ちなみにブッシーは粘着卵で筒の奥にペタッと張りつきますがインペやキンペコは張り付きません(取り出しやすいです)
初産の場合は採卵数が少なかったり受精率が悪かったりしますが通常はだんだん向上していきます。
産卵後は安静に放っておくとオスが子供の独り立ちまで世話をしてくれます。
ただし、何度も食卵したり放棄したりする個体もいますのでその場合は取り上げ人工孵化させます。
当方では人工孵化の方が数が取れますので人工孵化を多用しますが、知らないうちに産卵し、オスが世話をしていた、ということもあります。
産卵のスパンはだいたい月1回ほどだと思います。

慣れてくると1ペアだけ隔離して産卵させる、ということもできるようになりますが当方では場所もあまり用意できないため複数飼育で行なっています。
1匹のオスに対し複数のメスがつくこともあります。
こうなるとかなり頻繁に採卵出来ますがオスの体力消耗が激しくオスが死亡してしまう事もありましたのでほどほどに(^^;)
スポンサーサイト

にほんブログ村 観賞魚ブログ プレコへ
にほんブログ村

| プレコ | 19:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://plecoya.blog.fc2.com/tb.php/21-25f974e3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。