ぷれこ屋

石川県金沢市の熱帯魚ブリーダー・プレコ屋

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

卵の管理

本記事は採卵した後の卵の管理に関する小ネタです。

プレコから卵を取り上げた!
この後はエアレーションしながら孵化を待つのですが取り上げた時期によって「カビ卵」が出てきます。
プレコは産卵後だいたい6日前後で孵化します。
そこで取り出すタイミングですが、初日~3日目くらいまでは非常にカビやすいのでこまめな管理が必要です。
なので、極力4~5日目に取り出すのが安全なのですが食卵されたりして数が減ってしまう場合や産卵しても外に放棄されてしまった場合など、やむを得ず3日以内で取り出してしまう事も多々あるかと思います。

そんな時どうしても1つ2つカビてきてしまう卵があり、放っておくとあっという間に拡大して卵塊が全滅してしまいます。
そこでカビた卵をとりのぞくわけですがこの時、当方ではカビた卵を取り除くタイミングがありますのでご紹介いたします。

カビ卵で悩まれている方のご参考になれば幸いです。(実践は自己責任でお願いいたします_ _;

まず卵がカビていくまでの経過ですが大まかに見ると以下のような感じです。
卵黄が透明な卵(スタート時)卵黄が白濁してくる(半透明状態)卵黄は完全に白くなる卵殻と卵黄が癒着する卵がフサフサのカビで覆われる隣接卵へ伝染

各→を色分けしましたのでそれぞれに当方の考えを書いていこうと思います。
環境によって違いがあると思いますので、その場合は臨機応変に対応します。

の状態
まだ健全卵との違いがほとんどわからない状態です。

の状態
ここで無精卵やカビ卵であることが発覚します。
すぐに取り除きたいところですがこの状態での撤去は細心の注意を払います。
卵黄が固まっておらず、ドロっとした状態ですので(鶏卵の黄身のイメージです)、あやまって傷つけると卵黄が飛び散り、飛び散った卵黄が他の卵に付着しカビが余計拡散します(T^T)
結構ネバネバしていますので飛び散ってしまうとかなり面倒です。

の状態
卵黄はカビにより固まり、コロリと固形化します。
当方はここで撤去します。
固形化しているため上記より飛び散りにくく、バラけた場合でも破片はスポイトで綺麗に撤去できる場合が多いです。
このあたりでカビの侵攻速度は上がっていますので卵殻への癒着まではあまり時間がありません。
卵黄が固まるタイミングを見逃さないのがポイントです。

前回の記事のペパーミントプレコの卵塊の左側の卵殻も、ここでカビた卵黄を撤去した跡です。
ピンセットで卵殻だけを破り、中の卵黄をつまみ出します。
卵殻を破るのはピンセットがおすすめですが卵黄をつまみ出すのは当方では指です(ピンセットの先端で卵黄を崩さないようにするため)。

の状態
当方ではタイミング一歩出遅れた状態です。
この場合は卵殻ごと撤去しなければならないのですが卵殻同士は結構強く付いているため外した拍子に隣の卵殻を破る恐れがあります。
卵殻の接着面から慎重に引き剥がします。
運がいいと卵殻の接着力が落ちていてポロっと取れる場合もあります。
ここが当方では最終防衛ラインです(^^;)

の状態
当方ではアウト状態です。
卵殻同士の接着は弱くなっていますが取り除いても隣の卵殻接着面に伝染している場合が多く、結局隣接する卵ごと取り除きます。
卵の外側へカビが出た状態になってしまい隣へ伝染すると隣の卵は内部より先に卵殻が侵されるため卵黄だけコロっとつまみ出す、ということが出来なくなります。
結果、隣の卵は卵黄が飛び散ってしまうなど負のスパイラルに陥ってほとんど残らなくなってしまいます。
ここまで来ると当方では全滅扱いです(_ _;)

長々と書きましたが結論は「予防が一番」です。
カビ予防にメチレンブルーを入れるなど予防策をあらかじめ実施することも大切です。
薬に弱いプレコですから、メチレンブルーは避けたい・・・という時は水を常に清潔にしておくだけで効果はあると思います。
当方ではメチレンブルーは使わず水を綺麗に保つようにして孵化まで乗り切っています。


・・・とはいえ極力孵化直前まで採らないのが最善策であるのは間違いないと思います。
親が巣立ちまで面倒を見てくれればなおさらです(^^)
スポンサーサイト

にほんブログ村 観賞魚ブログ プレコへ
にほんブログ村

| プレコの飼育 | 23:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://plecoya.blog.fc2.com/tb.php/178-84df2007

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT