ぷれこ屋

石川県金沢市の熱帯魚ブリーダー・プレコ屋

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

春が来た

だんだんと暖かい日が増え、金沢にも春の訪れを感じます。
そんな中、水槽内にも春が来ているようで続々と繁殖する魚が出ています。

DSCF3207.jpg
クイーンインペリアルタイガープレコから採卵しました。
卵の様子をお伝えしようとドアップに挑戦するもピンボケというオチです(_ _;)
なんとなく卵に白い線が入っているのがお分かりいただけるでしょうか?
これが稚魚の体になります。
DSCF3209.jpg
お問い合わせ多数いただきました育成中のクイーンインペリアルタイガープレコも順調です。
綺麗にバンドも出てきております。

まだ小さいですが、大きくなったらここでの販売以外にも地元のショップ様にも少し持っていく予定です。


ニューインペリアルダップルドプレコも産卵したのですが、採卵すると毎回トラブってしまうため、水槽を暗くして放置しています。
最近はこの方がダップルドはうまくいっています。
最悪全部食卵されてしまいますが、もともと無いものとして開き直っていますので精神的ダメージは比較的少なめです(^^;)
生き残った稚魚は一応順調に育っているようです。
プレコの繁殖において手を加えなさすぎもダメですが加えすぎもNGだと思います。
アレコレ考えて実践してみてもうまくいかない時は初心に帰って放置。
水質などの環境だけ静かに整えておいてあげる。
当方のダップルドにはとても大切なことだと再認識させられるプレコです。

・・・とはいえいつまでもそれでは繁殖数伸びませんのでやっぱりアレコレ考えてたりします。



DSCF3206.jpg
前回記事でお伝えしたブッシープレコ。
今回はブチ率高いです!!
当方で交配した種類ではないため数がかなり制限されるかと予想していたのですが、これは嬉しい誤算です。
ノーマル、アルビノ、ゴールデン、ブチと4種産まれてきましたので幅広いバリエーションでご提供できそうです。
とりあえず種親分は確保予定ですが、採仔数によっては早々にリリースできるかもしれません。

一応リリース未定としておきますが準備ができましたらまた改めてご報告いたします。


DSCF3210.jpg
DSCF3211.jpg
撮影角度が残念ですが、これがブチの当方で一番大きい個体です。現在2.2cm前後。
明暗や気分で黒の面積がかなり変わります。
この画像ではお伝えしにくいのですが、頭部にはノーマル同様白いスポットが少し出てきました。
この先どうなっていくか楽しみです(^^)


・・・久しぶりに書いた記事は長い。
書きたいことは色々あってもなかなか時間を作れていないのがダメなのですが。
最後はオトシンネグロについてです。
DSCF3208.jpg
プレコ同様の感覚で楽しめるオトシンですが結構餌で苦労されてる方が多いようです。
特に稚魚は小さく、いつの間にかいなくなってた、というお話も聞きました。
ネグロを繁殖させたいというお話もいただきましたので当方の環境を下に書いておきます。
環境が良いと自然と殖えている種類なので参考程度に。

一応、ネグロの繁殖について当方では「オトシンのみ」水槽で飼育しております。
メンテ性重視でベアタンクです。
混泳水槽では卵や稚魚が食べられたりしますので隔離ケースに採卵して育てていただくことをおすすめしています。
水流はあってもなくてもかまいませんが淀みすぎると卵がカビますので適度に水が動くようにしておくのがベストだと思います。
プレコにくらべるとカビにくいためそこまでシビアな調整は必要ないと思います。

日々の管理はとにかく餓えさせないようにします。
混泳水槽ではエビやテトラに餌を取られることもしばしばありますので確実に餌を食べさせるようにしておきます。
しっかり食べているメスはやがて抱卵しオタマジャクシのような体型になります。

産卵は夜から朝にかけて行われることが多いです。
コリドラス同様、産卵時はオスがメスを追い掛け回しますのでちょろちょろ泳ぎ回っていたら要注意です。
この時、受精率を上げるため当方ではオスをメスの1.5倍くらい用意しています。
現在の繁殖水槽でもオスを多く入れています。

孵化までは約3日と非常に早いです。
孵化後1、2日はヨークサックがあるため餌はいりません。
稚魚が非常に小さいため初期飼料がかなり厳しいです。
インフゾリア等用意できればいいのですが当方では「スポンジフィルターの絞り汁」と「細かくすりつぶした人工餌を水に溶いたもの」で対処しています。
流れの強い当方の水槽では流れのゆるい場所を作ってそこへ餌が集まるようにしていますが稚魚餌はそうはいきませんので全体に行き渡るよう、少々多めに撒き餌しています。
流木などがあると表面に餌が引っかかるためより給餌効率が上がります。

もちろん水の汚れが加速するため、こまめに水換えをします(大量水換えは稚魚によくないので少量で頻度を上げてする感じです)

だいたい1~1.5cmくらいになれば結構丈夫になっていますので親と同じような世話に統一します。
当方では繁殖専用水槽が用意できず、水槽全体でこれを繰り返しているため正直かなり面倒な事をしておりますが可能であれば稚魚水槽を別途ご用意いただいたほうがより世話がしやすいと思います。


にほんブログ村 観賞魚ブログ プレコへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

にほんブログ村 観賞魚ブログ プレコへ
にほんブログ村

| プレコ | 21:23 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

 お久しぶりです。

 チビクィンペ、かわいいですね。

 アラベスクは白点の余波で落としてしまいましたが、他の子たちはいたって元気です。
 キンペコはラインが増えたと思います。それだけ体が大きくなったということでしょうか。

 御飯時以外はなかなか姿を見せてくれないプレコたちですが、水草の向こう側にちょろっと見えたりすると、その日は”幸運”な気がしたりして楽しいです。

| のっけうし | 2013/03/16 17:24 | URL | ≫ EDIT

Re: タイトルなし

こんにちは、お久しぶりです。

キンペコ達は元気そうで何よりです。
当方でも数の少ないプレコは普段ほとんど隠れてしまっていますが、時々その姿を見るとなんだかワクワクします。
何かいい事があってほしいです(≧∇≦)

| ぷれこ屋 | 2013/03/17 13:36 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://plecoya.blog.fc2.com/tb.php/151-756f7db6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT