ぷれこ屋

石川県金沢市の熱帯魚ブリーダー・プレコ屋

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ プレコへ
にほんブログ村

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

採卵しました!

ゴールデンキングロイヤルプレコから採卵しました(^o^)
DSCN2457.jpg
という記事を書こうとしていたのですが取り出しが遅く、取り出して間もなくあれよあれよと全部孵化してしまいました(^^;)
DSCN2467.jpg
一緒に写っているのは先日孵化したクイーンインペリアルタイガーです。
順調に行くかと思っていたのですが臓器不全かヨークサックの吸収が上手くいかずポツポツと落ちています(TT)
同じような手順を踏み、いつもどおりしていても予想以上に上手くいったり、逆にまったくうまくいかなかったりします。
同じように見える子供たちでも実際は毎回かなり違いがあります。
今回の稚魚たちも無事大きく成長していけるようにあの手この手を尽くしていきます。

そして、取り出し後あっという間に孵化してしまいケースが空になったので
DSCN2473.jpg
DSCN2474.jpg
オリノコゼブラとインペリアルゼブラの卵を採卵しました。

取り出し時にオス親がかなり抵抗したため
DSCN2472.jpg
強奪強制措置

当方では放っておくと全部食べてしまいますので、少しかわいそうですが抵抗する場合は筒を粉砕します。
粉砕の際に親が下手に身悶えすると卵を潰してしまいますので可能な限り慎重に行います(それでもいつも数個は犠牲になりますが・・・)。

先月末から夏場落ちていた産卵ペースが戻り始め、かなりのペースで産卵しているためケース内がかなり過密になってきており稚魚のストレス死の危険をはらんでいます。

夏場は数個しか産まなかったメス親も数十個の卵を生むようになってきていますので少し調整しながら繁殖させていく予定です。

あくまで根拠のない経験則ですが
当方で繁殖させるプレコには「夏型」と「冬型」がいます。
夏型は春から秋まで突然スイッチが入り頻繁に繁殖し、秋から来春までほとんど繁殖しないタイプ。
冬型は夏型と逆で秋から春まで頻繁に繁殖するタイプです。
当方はほとんどが「冬型」で毎年秋から爆発的に産卵し始めます。
年中繁殖するタイプもいますがこれはミニブッシープレコなどブリード個体に多い気がします(それでも若干季節で産卵数、孵化率などが変動しているようです)。
すべてのプレコに当てはまるかはわかりませんが、もし繁殖に挑戦しておられる方が読んでおられましたらこの「夏型」、「冬型」の考えも何かのヒントになるかもしれませんので書いておきます。

※当方では主にブリードしたプレコの販売などを紹介しているのですが特に販売と関係ない飼育や繁殖に関するご質問やご相談も承っていますのでお気軽にお問い合わせください。
当方からご購入いただいたお客様のその後の世話でのご相談はもちろん、ご購入とは全く関係なくプレコ繁殖に挑戦したいというご相談も(確実にうまくいくとは言えませんが)私のできるかぎりのご提案をさせていただくつもりです。
よろしくお願いします。

この記事を書いている現在もニューインペリアルダップルドプレコがモゾモゾしています。
この調子でしばらく繁殖モードが続いてくれることを祈るばかりです。


にほんブログ村 観賞魚ブログ プレコへ
にほんブログ村




スポンサーサイト

にほんブログ村 観賞魚ブログ プレコへ
にほんブログ村

| プレコ | 21:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://plecoya.blog.fc2.com/tb.php/110-e820d004

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。