ぷれこ屋

石川県金沢市の熱帯魚ブリーダー・プレコ屋

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ プレコへ
にほんブログ村

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

プレコの飼育について

本日の金沢は朝から土砂降り、しばらくぐずついた天気が続くようです。
こんな天気でも玄関先のレモンの木からアゲハ蝶が羽化しました。
無事羽ばたいていってくれることを祈るばかりです。

さて、本日はプレコの飼育に関して記事にしようと思います。
ブログをご覧いただいている方の多くは飼育にも慣れていらっしゃると思いますので当たり前のお話をするようで恐縮ですが、熱帯魚を飼育して間もない、プレコに興味があるが飼育したことがないので不安、プレコがうまく飼育できない、という方がいらっしゃるかもしれませんので当方なりの飼育(育成)方法を書こうと思います。
水槽は一般的な60cm水槽、プレコは当方で扱っているような小型のプレコ(とその幼魚)の前提です。

1.設置~立ち上げ
他の熱帯魚と変わりませんので割愛します。
ここでのオススメは、
・複雑すぎるレイアウト、厚すぎる底床は日常メンテナンスが大変なので控える
・フィルターは水槽サイズに対してワンランク以上大きいものを使用する
ことです。
当方では砂利を薄く敷いて(砂利に餌が引っかかり餌を食べやすくする狙い)、フィルターはエーハイムクラシックフィルター2217、またはコトブキのパワーボックスSV-12000という外部フィルターを使用しています。(SV-12000は60レギュラー水槽だと吸水パイプが長いためカットして使います)

2.立ち上げ~プレコ導入
水槽が立ち上がったら魚を入れます。
DSCN2310.jpg
当方ではこのような感じで石と小さな流木を適当に置いています。(隣の水槽から伸びてきたアマゾンチドメも勝手に入っています・・・)
水草を入れる場合は活着する水草を石や流木に付けておけば移動やメンテナンスが楽です。
ちなみに水流とエアレーションをかねて水中ポンプ(カミハタのSEIO4400)を設置しています。
※水中ポンプは水温を上げますので設置の際は水温に注意してください。
当方では大きな水中ポンプを使用したため結構な水流ができますがプレコは飛ばされることはまずありませんので大丈夫です。
テトラは流れの弱いところにかたまりますが結構必死なので入れなくてもいいかもしれません。

導入したのは当方で販売しているキングロイヤル、インペリアルゼブラなど6匹ほどです。
DSCN2309.jpg
DSCN2311.jpg
最初はだいたい5匹位までにとどめておき、必要な場合は様子を見ながら追加するのがおすすめです。

3.日常のメンテナンス
これが飼育で一番大事です。
プレコはとにかくフンが多く大変水を汚しますのでこまめな水換えが必須です。
また、水質悪化にも弱いので綺麗な水を心がけます。
最低週1回30%くらいですが状況を見て水換え頻度を変えてください。
水換え時は底の汚れをしっかり取るようにしてください。特に底砂を敷くと汚れの溜まり具合が凄まじいです。
フィルターのウールマットもこまめに交換します。
ちなみにこの水槽は3~4日に1回、60~70%換えます。
大量水換えはpHショックなどを引き起こす危険がありますので水道水と水槽のpHや温度を合わせてから行うことをおすすめしますが基本的には20~30%を2日に1回、など細かく頻繁に行なったほうが最初はやりやすいと思います。
飼育歴の浅い方は定期的な水換え癖もつきますのでいいかと思います(^^;)
底砂無し(ベアタンク)の場合はさらに毎日フン取りをして足し水をするのがおすすめです。
とにかく底の汚れに対してはシビアになります。この辺はコリドラスと同じです。

餌やりは消灯後、行います(夜行性のため)。
あげすぎると肥満になりますが痩せてしまうと体力が落ち、立て直しが大変です(とくに幼魚)ので全体に行き渡るよう与えてください。
隠れがちでなかなか姿を見せてくれない魚なので大変ですが、お腹がヘコんでいないか、目がくぼんでいないか、など異常がないかこまめに確認してください。
病気も飢餓も早期発見で立て直さないと進行が早く、最悪は死んでしまいます。

長々と書きましたが飼育自体はとても単純です。難しいこともありません。
・綺麗な水を心がけこまめに汚れをとってください
・水槽のお掃除屋さんではありません、水槽のお掃除させ屋さんです。
・異常がないかこまめに観察してください。

水流やエアレーションは+αの要素ですので綺麗な水が維持されていれば病気にもなりにくいし成長もしっかりします。

プレコの飼育を考えられている方、難しそうと思われている方の一助になれば幸いです。



にほんブログ村 観賞魚ブログ プレコへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

にほんブログ村 観賞魚ブログ プレコへ
にほんブログ村

| プレコ | 22:33 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

 ひとつ、ひとつ、チェックしながら読みました。

 現在は毎日とはいきませんが、3日に2日はたまった糞を抜くために4 〜 6 Lの水換え、週に1度1/3 〜 1/4程度の水換えをしています。

 ちょっと細い流木が多すぎるかなと思っています。
 先日購入した流木をアク抜き中なので、あと10日ほどしたら入れ替えてメンテしやすいバージョンに変更しようと思っています。

 明日から9月。
 いよいよです!

| のっけうし | 2012/08/31 21:24 | URL | ≫ EDIT

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。
当方でも細い流木を使用していますが特に問題は発生してないので太さに関しては大丈夫かと思います。
とりあえずメンテ性をあげていくと日常管理が楽になるのでオススメです。
見栄えが寂しくなる場合がありますが・・・すぐ慣れます。

ご来訪お待ちしています。

| ぷれこ屋 | 2012/09/01 00:02 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://plecoya.blog.fc2.com/tb.php/102-2f066a11

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。