FC2ブログ

ぷれこ屋

石川県金沢市の熱帯魚ブリーダー・プレコ屋

≫ EDIT

ホワイトエッジパレ稚魚近況と感想

先日孵化したパレの稚魚ですが、無事(・・・ではなかったけど)ヨークサックも吸収し終わり、エサを食べ始めています。
IMG_3707.jpg
暗い写真でわかりにくいですが・・・
2cmほどで、見た目はすでに親とあまり変わらず、模様はほぼなしで渋い感じになっています。
肉眼ではうっすら尻尾にホワイトエッジが出てきている感じがあります。

まだ育て始めたばかりなので詳しくはわかりませんが、育ててみている個人的な感想を。
クイーンオブメガクラウンほどではないですが、キングロイヤルなどに比べるとちょっとデリケートな感じがします。
ちょうどヨークサック吸収直後から毎日数匹ずつポツポツと死んでしまう事があり、その時はかなり焦りました(- -;)
原因かはわかりませんが人工飼料を与えるのをやめ、マジックリーフと時々クロレラのみ与えるようになってから死魚は止まり現在は出ていません。
もしかすると序盤は植物質のエサだけにしておいたほうが良いのかもしれません。
マジックリーフだけでもおそらく充分育つようですが、ハリのあるものはあまり食べずベロベロにかなり柔らかくなったもの(1週間以上水につけているもの)を好んで食べます。
食べる量も結構多く、2、3日で葉脈だけにしてしまいます。
それと、臆病で痩せやすい稚魚です。現在はかなり多めにマジックリーフを入れて対応しています。
ちょっと手間のかかる子らではありますが、まだ安定しないからこそ?育てていて結構おもしろいです。
スポンサーサイト

にほんブログ村 観賞魚ブログ プレコへ
にほんブログ村

| プレコ | 22:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ホワイトエッジパレペコルティアやっと産卵しました

だいぶ期間が開いてしまいましたが、ついにホワイトエッジパレペコルティアの産卵に成功しましたのでご報告です(^^)
IMG_3662.jpg
比較的小さめで販売されていてそこまで高価でも珍しくもない小型プレコではありますが親は結構ごつめで15~20cm近くなります(大きいサイズは意外と見かけないかも?)。
大きくなるとご覧の通りグレーの渋いプレコになります。かなり丈夫で飼育しやすいのですがなかなかペアリングしてくれず数年が経過してしまいました。

FullSizeR.jpg
ふ化当日の写真です。
産卵後はかなり神経質なため卵は親任せ、孵化するまで写真撮影も控えました(^^;)
オスはかなりトゲトゲになり雌雄判別の容易な種です。

本日筒から出た稚魚たちを回収しました。
IMG_3660.jpg
ヨークサックはかなり減ってきました。
特徴的なヒレの白いエッジはまだ見られませんが、体の雰囲気は少し出ているかなと思います。
IMG_3661.jpg
口も大きめ。
決して派手なプレコではありませんが体形にプレコらしい造形美を感じるプレコで個人的には大好きな種類です。
今後稚魚の成長も更新していければと思います。

にほんブログ村 観賞魚ブログ プレコへ
にほんブログ村

| プレコ | 21:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

挑戦中

だいぶ暖かい日が続くようになり昨日、金沢は桜が満開になったようですが本日は雨で一気に散ってしまうのではないかと心配です(^^;)

さて、本日は現在ブリード挑戦中のプレコたち。
以前よりずっと狙ってはいますがまだ何の反応もないままですが、ブリード抜きに観察、飼育していても非常に面白い魚たちです。
IMG_2116.jpg
ゴールデンブルーフィンプレコ。
まだ抱卵はしてなさそうですが、購入時より大きくなっています。
エサにがっつく姿を見ているだけでも相当癒されます。物怖じせずに出てきてくれるところも魅力です。

IMG_2118.jpg
ブルーアイアカプレコ。
最近は入荷自体少なくなっているような気がするプレコです。特に大きい個体はなかなか売っておらず・・・
雌雄差はあまり無いのですが肩がグっともりあがっているこの個体は体型も含めオスのような気もします。
数匹いますがなで肩の個体もいますのでもしかしたらメスかな?と思っていますが確証はないです。

IMG_2114.jpg
ホワイトエッジパレペコルティア。
混泳のクイーンアラベスクを出して単種飼育に切り替えたのでそろそろ何かそぶりがあってほしい魚です。
5~7cmくらいの個体が多く販売されていますが、実は結構大きくなります。
当方のオスは18~20cmほどになりました(トゲもそこそこ発達します)。
大きくなるとホワイトエッジは消失しますがスラリとした体形美が魅力のプレコです。
飼育しているとペコルティアというよりはヒポストムスに近い感覚です。

にほんブログ村 観賞魚ブログ プレコへ
にほんブログ村

| プレコ | 22:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

オリノコゼブラプレコ

リリースの予定は今のところありませんがオリノコゼブラが現在は比較的順調に殖えています。
IMG_1596.jpg
小型プレコの中でもサイズが比較的小さい種類なので、(ゆとりのある水槽のほうがもちろんいいですが)あまり大きな水槽でなくても飼育できるのが魅力です。かなり丈夫で価格も比較的安価です。
当方では幅45cmの水槽で飼育・繁殖していますが30cmキューブ水槽などでも飼育可能だと思います。
小さい水槽では稚魚が育つにつれて過密等によって調子を崩しやすいのである程度ゆとりのある水槽のほうが繁殖はさせやすいように思います。
模様も成長につれてどんどん変化していくので、育てながら楽しんでいくことができます。


E6C3CFA1-.jpg
これが・・・
IMG_6779.jpg
こうなって・・・
IMG_1593.jpg
現在(^^)

にほんブログ村 観賞魚ブログ プレコへ
にほんブログ村

| プレコ | 22:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

収集状況②

前回記事の続きです。
【ファンシースポットプレコ】
当方でファニーと名付けて可愛がっている個体たちです。
DSCF1446.jpg
IMG_8773.jpg
2018-0217.jpg
当時はこのような感じの個体が出てきていましたが
IMG_1587.jpg
IMG_1590.jpg
IMG_1591.jpg
ちょっと変わった雰囲気を残している個体もいますが、
IMG_1589.jpg
ここまで普通っぽくなる個体もいます。
しばらく育てて思ったのは、変わった個体はスポットの大小だけでなくスポットの出現位置が違っていたり、背ビレにあるスポットの数が平均的な兄弟個体に比べ多かったりします。
ランダムに出現しているように見えるスポットも実は小さい頃はある程度決まったところに出てきていますので見慣れてくると元の位置(平均的な定点)からどのくらいズレているかとか、数が多いか少ないかがわかるので個体ごとの個性が見えてきます。
このズレが特殊さと直結するというわけではないかもしれませんがそこからのスポットの変化はまた楽しみの一つになると思います。
ゼブラ模様のヒパンキストルスに比べまだあまり注目されていないような印象を受けるスポット系ヒパンキストルスですが、ゼブラ模様に勝るとも劣らない美しいプレコですから、ぜひ多くのプレコ愛好家さん達に飼育していただきたいです(^^)

にほんブログ村 観賞魚ブログ プレコへ
にほんブログ村

| プレコ | 22:03 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT